プレプリント:新たな研究に光を当てる 

By Dr. Dean Meyer, Edanz Learning team

ジャーナルにアクセプトされる前に科学論文のドラフトを公開した際の原稿は、プレプリントと呼ばれます。

研究者が未発表の論文を公開し、サイエンスコミュニティーの人々が読めるようにするウェブサイト(プレプリントサーバー Table 2 参照)がいくつかあります。これは、公表したい重要な新たな知見がある場合や、他の人が用いることで利益となる方法を構築した場合、役立ちます。 

査読者と同じように批判的にプレプリントを読むことは、あなた自身の読解とレビューのスキルに磨きをかける事にもなります。

 

Table 1: プレプリントの利点と問題点

○  プレプリントの利点

✗  プレプリントの問題点

• I新たな知見を得るペースと効率が促進されます

• 実施した研究に対してフィードバックが早く得られます

• ミスに対する公のコメントにとまどうかもしれません。プレプリントは登録後、DOI(Digital Object Identifier)を取得すると、完全には消去できません 

• 重大局面において、素早い臨床診療の形成に役立ちます 

• プレプリントの段階では、論文はまだ正式もしくは厳格な査読を受けていません

• あなたの研究の価値、および研究者としてのキャリアの初期における成果を示します 

• 目標ジャーナルが事前にプレプリントの登録を認めているか、必ず確認しなければなりません

• ジャーナルがプリントに事前に登録することを認めていても、ジャーナルのテンプレートを使う(採択を意味する)ことはできません

• 新たなアイデアを、他の研究者に提示します

• 他の研究者が、査読を受けていない資料を、参考文献として用いることができない可能性があります 

•完了した研究を他の研究者に知らせることで、研究の無駄を減らします

• 研究について、時期尚早なメディア報道を受けるかもしれません 

• 特許申請を予定している場合、研究のプレプリントにより特許申請にダメージを与える可能性があります

Table 2:よく使われている/推奨されているプレプリントサーバー:

SARS-CoV-2とCOVID-19に関するプレプリントをより見つけやすくすることを目的とした、NIHがサポートするパイロットプログラムです •プレプリントは PubMed Centralから検索可能です 

• medRxivbioRxivarXivChemRxivResearch Square、SSRNからのプレプリントが含まれています  

• まとめと取り込みのワークフローが改善、自動化され、拡張可能になることで、NIHがサポートする、幅広い研究から得られたプレプリントが含まれるよう、パイロットの拡張が予定されています

medRxiv
「メッド
アルカイブ」
と発音されます

• medRxivは、「害の可能性を下げる(reduce the potential for harm)」ことを目指しています。すべての投稿において、盗用、非科学的な内容、不適切な論文の種類(オピニオン論文、ケースレポート等)、もしくは一般社会や患者に与えるリスクについてスクリーニングされます

COVID-19 SARS-CoV-2に関する新規の研究への早期アクセスのように、スクリーニングプロセスを実施しつつも、プレプリントが「スピードと開放性の利点(the advantages of speed and openness)」を保ち、提示することを目指しています

• Preprints.org は、早い、シンプルな投稿プロセスを行います

• 可視性の高さが特徴で、Europe PMCGoogle ScholarScilitSHAREPrePubMedにプレプリントをリポストします

COPE(Committee on Publication Ethics)のCode of Conduct and Best Practice Guidelinesに従います

• プレプリントは、オープンアクセスライセンスの下、公開されます

• 186,000を超えるプレプリントについて、ジャーナルで発表された論文と共に検索可能です

• プレプリントが出版されれば、出版された論文のリンクが共に表示されます

• 多くの国際的な科学関連の出資者に人気があります。「grant finder」の機能を有しており、80,000を超えるのバイオメディカルの助成金を検索できます

⚠️ 注意点

プレプリントサーバーに自分の研究を公開する場合、注意するポイントは次の通りです。

プレプリントの段階では、あなたの論文はまだジャーナルレビュアーに評価されていません。この段階の論文には、データの解釈に誤りがある可能性があります。プレプリントサーバーは、読者が論文に対して公にコメントすることができ、誰でもそのコメントを見る事が出来ます。一般的に、プレプリントは公開およびDOI(Digital Object Identifier)取得後、完全に消去することが出来ません。

さらに、ジャーナルによっては、プレプリントサーバーに公開された論文を受け付けません。プレプリントに公開前に、目標ジャーナルの条件と規則を確認しましょう。もしジャーナルがプレプリントを認めたとしても、プレプリントのファイルにジャーナルのテンプレートを使ってはいけません!テンプレートを使うことは、ジャーナルが既に論文を採択したことを意味しますが、その段階ではありません。

Good luck!検索、レビュー、プレプリントの登録、頑張ってください!! 

プレプリントに
関するコース

無料レッスン

Publishing
and Ethics 1 🇯🇵

レッスン1⏱ 20分

この講座は、トレヴァー レーン
博士(Dr. Trevor Lane)に
よって書かれたものです。
本コースは、特に博士論文の
執筆完了前であれば、研究
プロジェクトを論文として
出版するための
イントロダクションとして
学習にお役に立ていただけます。

無料レッスン

Research Writing 1 🇯🇵

レッスン1⏱ 20分

本レッスンでは、
次のことを学びます。
• 採択率を高める論文の構成
• 効率よく効果的なアウトラインの書き方
• 正しい(間違った)論文のアウトラインの書き方

無料レッスン

SLR 1: Understanding Systematic Reviews 🇯🇵

レッスン1⏱ 30分

このコースでは、
システマティックレビューの
立案、ならびに出版について
学ぶことができます。

無料レッスン

Journal Selection 🇯🇵

レッスン1⏱ 10分

研究を発表するのに、最も適したジャーナルを選択することが重要です。本コースでは、いかに適切なジャーナルを選び、採択率を最大限に向上させる方法について学びます。