再投稿について • 返答レターの構成について

再投稿について

一般的に、ジャーナルは提出形式や、言語についての修正のために約1カ月の猶予を与えます。分析のやり直しや、新たな研究が必要な修正の場合は、約3か月の猶予となります。もし、修正し再投稿の医師がある場合は、修正にかかる必要な時間を見積り、早めにジャーアルト交渉してください。

あなたが同じジャーナルに再投稿をしようとする場合、追加で要求された実験や分析を行うか、実験を行わないことの正当性を合理的に主張します。 その場合、実験を行わない十分な論議理由を示す必要があります。例えば、その実験があなたの研究のスコープから外れていると考えられる場合などです。その場合、あなたの論文は、統計学分野の専門家から得た新たなデータなどをもとに修正する必要があるでしょう。その他に、返答レターの準備も忘れずにはじめてください。

返答レターの構成について

返答レターは、カバーレターの短いバージョンに似ています。丁寧でビジネスライクで明確なトーンで書きます。最初の部分はジャーナルのエディターに宛てて書いてください。論文のタイトルと照会番号を記入し、エディターがあなたの論文の投稿についてのこれまでの対応を確認し易くします。 

British Journal of Haematologyに投稿された投稿例

Dear Professor Smith, 

Re: manuscript reference no. BH0914325J Please find attached a revised version of our manuscript…” 

Then, thank the journal editor and reviewers for receiving and reviewing your manuscript. For example, We would like to thank you and the reviewers for your insightful comments, which have greatly helped us to improve the quality of our manuscript.” 

あなたが行った主な変更の 概要 と、論文の中でそれらについてどのように修正をしたのかを説明してください。例として、次のような文章を参考にしてください。 In accordance with the comments of Reviewer 1, we deleted the table and prepared a new summary figure (Fig. 6). Our revisions to the text are highlighted in yellow and the deletions are shown as strikethrough font. Our point-by-point responses to the reviewers’ comments are shown below.*

回答レターのこのパートを完成させ、カバーレターと同様に署名します。例としては、次のようになります。We hope that these revisions are sufficient to make our manuscript suitable for publication in the British Journal of Haematology and look forward to hearing from you at your earliest convenience.” 

さらに、それらに対応したコレスポンディングオーサーの連絡先と、続けてpoint by pointの回答レターを準備してください。

Related Articles

Responses