研究成果を効果的に発表しよう

科学研究論文の表示項目やイラストは、研究成果の発表に使われ、表や図で構成されています。後者は、グラフや写真、絵、医療画像、図解やチャートを含みます。出版の世界では、すべてのイラストは、通常『フィギュア』と呼ばれています。

フィギュアは通常、大量のデータを、簡潔で効果的な方法として用いられます。同様に、文字も研究成果発表に使われます。事実、簡単な言葉や、一文で説明できるシンプルな成果は、文字によって最もよく表現されます。フィギュアによって表現される、最も関連した発見を記述または説明している文中の箇所において、フィギュアは常に引用されなければなりません。

表(Tables)

表(Tables)は一般的に、傾向やパターンといった、定量的情報よりもむしろ、大規模な質的データまたは量的データそのものの正確な値を表すために用いられます。 表は、方法(Methods)や結論(Results)からの情報を要約するのに使われます。表を準備する時は、表はそのものだけで、自明でなければならず、つまり、表は完全に包括的で、論文の読者が論文のメイン文章(テキスト)を読まなくても、表を見るだけで著者が伝えたい事が説明できるということです。そして、表の番号は必ず連続した番号になるようにしましょう。

タイトル

表のタイトルは、簡潔で、記述的で、具体的であるべきです。タイトル は、通常完全なセンテンスではなく、フレーズで書かれ、句点など最後の符号は付きません。ジャーナルのいくつかは、タイトルの語数に対して具体的な条件があるので、タイトルを考える際は、目標ジャーナルの著者向けのガイドラインを必ず確認しましょう。多くのジャーナルは、表に短いタイトル(通常15ワード以下)をつけることを要求していますが、追加説明を脚注フォームに書くことが出来ます。タイトル は、表から得られた結論 の説明になってはいけません。その情報は結論セクションの文章でのみ発表されるべきです。 

長さ 

二頁以上にまたがる大きな表を使うことは、避けましょう。通常、そのような大きな表は、一頁につきひとつの表となるように、二つの表に分けて載せます。もし表の分割が実行不可能な場合、 (もし、あなたの目標とするジャーナルが認めるなら、)その表を補足資料として提出することも考慮してみましょう。

ジャーナル編集者とレビュアーは、しばしば、まずは早い段階で表を見ます。なので、表は、それ自体で独立し、自己完結したものでなければなりません。メインとなるイラスト的項目やラベルを除いて、全ての図表には、番号、タイトル、ラベルを説明する記述(説明文:Legend)、特別な情報を説明する脚注、略語、シンボル、統計が必要になります。関連する図表を、一つのマルチパネル図にグループでまとめることが出来ますが、必ず番号付けや、パネルへの記載を行い、説明文(Legend)の中の説明を参照させましょう。

構成

表は、行と列から成り、行と列に一致する見出しをつけます。列の見出しは、その下に来るものを表し、記述的且つ簡潔で、構文的に統一性がなれればなりません。行の見出しは表の最も左の列に書き、 各行の状態を表します。変数のための計測単位は、データ欄(セル)に入力するのではなく、見出し部分に含めるべきです。

データ

データ・セルは、表の主要な部分です。特に値を丸める場合やP値を報告する場合を含め、データは矛盾なく表現されなければなりません。表の脚注は、表中の略語や、その他の関連データの説明に用いられます。

データ・セルでは、空欄や、不必要な要素を含めるべきではありません。 略語は次の例のように、必ず説明をするようにしましょう。良い例:NA (not available), ND (not done)    悪い例:‐(ハイフン), / (スラッシュ), 0(ゼロ)

データの矛盾や、統計に用いられた方法も、同じく脚注に含めなければなりません。ジャーナルによっては、特定の脚注の記号を特定の順に付けるよう、要求しています。その他のジャーナルは、小文字を利用するように指示しています。星印(アスタリスク)(*) は、通常、統計的な有意性を指し示すために用いられます。あなたが使う表記法にかかわらず、記号と略語は脚注で定義していなければなりません。

ジャーナル固有の問題

表を作成する時は、目標ジャーナルのガイドラインに沿うものになるよう、常にAuthor Instruction (著者への指示)を注意深く読むようにしましょう。 いくつかのジャーナルは、表をスプレッドシート形式で作成することを認めていますが、確かでない時は、ワープロソフト内の表作成機能を使って作成しましょう。表を作成する場合、パソコンのタブや、スペースバーを使うのは。やめましょう。 

表に対する必要条件は、各々のジャーナルで異なりますが、通常、過度にグリッド線を使うことは、表が雑然に見え、解釈が難しくなるため、推奨されません。いくつかのジャーナルは、表における縦の罫線を書いてはいけないとしていますが、別のジャーナルでは、縦横、全ての線を表示しなければならないとしています。表においては、通常、ダブルスペース(行間を1行空ける)ことが求められますが、いくつかのジャーナルでは明確に規定していません。出来る限り、表は簡潔にし、色、太字、斜字やハイライトは避けましょう。ほとんどのジャーナルでは、冊子体か、電子ジャーナルに関わらず、表は白黒のみで出版されます。 

よくある間違い

  • 簡単なデータについて、文章のほうが簡潔に表現できるのに、表を使用してしまう。
  • 表と文章、両方における、データの重複。
    いくつかの重複は避けられない事がありますが、可能な限り最小限にする努力をしましょう。
  • 文中に表を引用していないこと。
    論文を準備する段階においては、修正のために、時々文章が移動したりします、そのため、文中の表の引用部分が誤った順で表示されることがあります。最終確認として、全ての校正と、修正が終わったら、すべての表が正しい順で引用されているか、確認をしましょう。

Related Articles

アブストラクトとキーワード

読むのは最初、書くのは最後

研究者やジャーナルの編集者には要旨だけを読む人が多いので、論文の要旨は重要です。要旨には研究の詳細が十分かつ正確に要約され、読者があなたの研究とその目的、発見、そして結果が有用かつ重要である理由を理解できるものでなければなりません…

Responses