レビュアーとの正しいコミュニケーションについて

回答レター内容チェック

全てのレビュアーコメントに番号を付け (もしまだの場合) 、全てのコメントに対して、明白で完全な回答をする必要があります。もし、レビュアーの提案に同意する場合は、同意する旨と、論文をどのように修正したかを述べましょう。 

英語でのレビュアーコメントと、それに対する回答例を参考にしてください。

レビュアーコメント:The standard deviation is large in the data described in Figure 3, so ANOVA should be used after confirming the normal distribution.

著者の回答: We agree with this suggestion, so have modified our statistical analyses. ANOVA was performed after first carrying out logarithmic transformation of all variables. We have described this change in the Statistical Analysis part of the Methods section (page 4, lines 15–20). We also modified our Results (page 7, lines 2–6) and Discussion sections (page 9, lines 11–13) and have redrawn Figure 3 based on the revised data. 

レビュアーのコメントと著者の回答を識別するために斜字を使っていること、論文の修正か所に対する明確な説明を述べていること、そして修正を行ったか所を示すためのページ番号と行番号を含んでいることに注目しましょう。ページ番号と行番号は、論文のすべての修正が完了した後に入れることをお勧めします。これにより、論文を再投稿する際、(回答レターに)正しいものが示されます。

レビュアーのコメントに同意する際ジャーナル編集者は、著者が本当にレビュアーの懸念を理解しているのか、なぜ著者がレビュアーに同意したのかを知りたいということ覚えておいてください。また、どのような修正を行ったか、修正箇所と共に説明しましょう。ジャーナル編集者は大変多忙なため、著者が行った修正箇所に関する全ての情報は、回答レターで明確に分かるようにしましょう。

レビュアーに同意できない場合の対処について

レビュアー(査読者)の指摘に同意できない場合、著者は反論のため、反証を準備することになります。レビュアーと反対意見を持つこと自体は認められていますが、なぜ同意できないかを説明しなければなりません。このような場合、レビュアーに敬意を払い、丁寧になぜレビュアーの意見に同意できないかを説明します。

著者のレビュアーコメントに対する反論を支持するために、引用を用いるのも有効です。もし可能であれば、レビュアーコメントに沿って、少し論文に修正を加えましょう。それにより、著者が過度に防御的な態度をとっているのではなく、批判や助言を受け入れていると示すことでしょう。これは科学の研究において、重要なことです。

レビュアーコメントに同意できない場合の回答例: 

著者の回答: Although we acknowledge that the use of ANOVA would enable us to better compare our findings with those of other studies, our data did not follow a normal distribution so we could not perform this analysis. Therefore, we re-analyzed our data based on the Leverhaus model (Leverhaus et al., 1978) and have modified the Methods section to describe this analysis (page 4, line 8). We also revised Figure 3 and added two sentences to the Discussion to explain this model (page 10, lines 1–3). 

研究分野における専門家 (ピアレビュアー)が、あなたの研究において何がどのように行われたか、混乱している場合は、あなたが論文の中でそれを明確に述べていないことを意味します。したがって、レビュアーのコメントに同意しない場合も、読者の混乱を避け、研究内容を明白にするため、原稿を修正する必要があると考えられます

回答チェックリスト

次のリストは、レビュアーのコメントに回答する際、役に立つでしょう。 

  • 礼儀正しく回答すること
  • コメント毎に、順番に回答すること
  • もし同意しないコメントがある場合、なぜ同意できないかを説明し、反論を支持するエビデンスを示しましょう 
  • レビュアーコメントと、著者の回答がきちんと区別できるようにしましょう。異なるフォントや文字の色、太字もしくは斜体、または段落のインデントを使うことで、明白に区別で出来るでしょう 
  • 論文の本文の変更は明白にしましょう。繰り返しになりますが、修正か所は太字や異なる文字の色、もしくはハイライトで示し、削除か所は取り消し線で明白にしましょう。本文中にページ番号や、行番号を入れることで、編集者が修正箇所を容易に探せるようにすることも有効です(例:page 4, line 8; page 12, lines 13–20)
  • 追加実験の実施や、図表の削除、統計学者と協議の上追加した新たな統計分析など、大幅な修正を行った箇所を説明しましょう
  • 同僚に助言を求めましょう。 あなたの研究をよく理解している他の研究者たちからの、別の視点を得ることも大切です。所属するグループ外からの意見を求めることで、一歩下がってより広い視点から研究を見直すことが出来るでしょう
  • ジャーナル編集者から示された、修正原稿の締め切りを守りましょう。再投稿の際、同じ論文番号を使用し、論文のタイトルを変更した場合は、回答レターの初めに古いタイトルを書きましょう。そして、なぜ、どのようにタイトルの変更をしたのか説明しましょう

Related Articles

Responses